Herr Kunni Cunnilingus

 

 
Sex Topics:
 

アナルビーズ

アナルセックスの心得ーベスト5 | アナルプラグ

 

アナルビーズ

アナルビーズは、太陽が届かないおしりでギラギラ光り、目がくらみそうなほどカラフルなものです。これらはきれいなパールやビーズのように見えます。実はこれ、おしりの穴に入っていく大きいビーズなのです。楽しいのはビーズを入れるところ。もちろん楽しみがあるからには、抜き出すときに逆を経験するのですが。オーガズムのまっただなかに。

直腸ジェットコースター

基本型はヒモにプラスチックのビーズがただ単にとおっているもの。たいてい、引くときのために使うひも付き。値段が安いだけあって、洗うのに大変だし、ヒモとビーズの間など汚れが、ヒモにシミが残るなど満足できない点も。アナルビーズを使用する前に、生産中型に入れたとき残ったプラスチックのはしなどに注意をはらって。これらは紙ヤスリなどですぐに取れます。ラテックスやシリコンに包まれているものだったら、この問題もないでしょう。メタル製の重いものもあるし、中に入った時動き回るものもあります。

ビニール、シリコン、ゴム、ジェリーのビーズもあります。これらはボールが曲げることができる棒についている、またはただくっつき合っているものですが。これらはクリーニングには非常に楽で、抜き出すにも簡単です。もちろん硬さと長さがによってですが、奥深くまで耐えられるものまであります。バイブ付きだってあります。似ているものとしては、つながった球体の形をしたおしり、アナルプラグ、ディルドがあり、またアナルビーズ効果を発揮できるくらいうねりのある直腸ジェットコースターのようなものもあります。

アナルビーズはサイズもまちまちです。でも肛門を通る時、独特またはビッというような不思議な感覚がするに十分な大きさでなければなりません。平均、ビーズの直径は1.27から3.81cm。大きいサイズでは5.08から7.62cm。でもこれらの大きいサイズは経験を積んでいる人以外にはすすめません。小さいビーズから大きいビーズと段々サイズが大きくなっていくものがあります。この種は少しづつ挿入量を増やしていけるので、初心者に向いています。

入れちゃおう!

人のアソコに何かを挿入する時、なんと言っても、ローション、忍耐、コミュニケーション、常識、これらがキーポイントとなります。まず、相手の(もし自分でやるなら、自分の)肛門にたっぷりとローションをぬる。そして指を1、2本入れてみて、異物の挿入にアソコを慣らそう。ビーズにもローションを塗って、ゆっくりと挿入開始。指もつるつるで、滑りやすいけれど。親指と指でヒモのビーズのすぐ横の部分を握って、ビーズを固定するためにヒモをピンと張ります。ビーズを穴にちかづけ、やさしく押しましょう。

受け入れる側は少しづつアソコを緩め、慣れることができます。穴が開いたら、押し続ける。穴にビーズを飲み込ませてしまおう。ヒモタイプのビーズを使うならば、指で押し込んでもいいし、次のビーズで押し込んでもよし。(重要—ハンドルやリングが付いていないものは、引き抜く時に必要なので、ビーズひとつ分は必ず外に出しておくこと)肛門でビーズをひとつふたつを何度か入れたり出したりしてみよう。ビーズが完全に入ったら、他の行為(セックス、マスタべーションなど)を続けられます。

ヌク

ビーズは刺激のための道具なので、オーガズムに達する前に抜いてもよいです。多くの人達は、クライマックスで一度に抜き取るよう。イキそうになった時、ハンドルを握って、しっかりと確実にビーズをひとつづつ抜いていきます。直腸が縮む時が抜きやすいでしょう。ビーズが直腸から抜けたら、肛門が刺激で開閉を繰り返します。

秘けつ

  • * たっぷりローションをつける
     
  •  ビーズのはみでている部分はカット
     
  • 努力が実を結ぶ:ひとつずつ確実に
     
  • ハンドルなしのビーズは全部を挿入せず、抜く時つかむ部分を残しておく
     
  • オーガズム中に抜くのが一番(合図をしっかりと)
     
  • 引き抜くのは筋肉の縮みを使う
     
  • ビーズのお手入れは: 1石鹸とお湯 2薬品や熱湯で消毒 
     
  • ビーズについてきた使用方法をよく読んで。

アナルセックスの心得ーベスト5 | アナルプラグ

 

 
  Copyright 2006, Anal-Sensei.com.