Herr Kunni Cunnilingus

 

 
Sex Topics:
 

アナルセックスの心得ーベスト5

アナルプラグ | アナルビーズ

ナンバー1:安全に

アナルセックスをするにあったて、いくつか覚えておかなければいけないことがある。まず、肛門に触れるものは全て、他へは触らないように。絶対に肛門に一度でも入れたペニスをそのまま膣の中に入れないように。もし行なったら、感染などの害が起る可能性がある。アナルプレイのあとは、すぐにコンドームを付け換え、触れたところを洗うこと。

もちろん、性感染症はアナルセックスで気をつけなければならないこと。これはエイズだけを意味しているわけではなく、ヘルペス( 性器疱疹)、 尖圭コンジローム、梅毒、淋病など、全てがアナルセックスによって感染する恐れがあります。だからコンドームなしで、セックスはしないこと。パートナーのことも考えると、気をつけなければならない。
 

ナンバー2:滑らかに、スムーズに

最も重要で覚えておかなければいけないことは、膣と違って、肛門の場合は濡れるわけではないので、何かローション(潤滑剤)を使わなければならない。ローションを使えば使うほど、アナルセックスはより気持ちいいものとなる。ローションを使うことによって、はじめの挿入がだいぶ楽になり、パートナーの痛みも減らすことができる。だから、ふたりにとって経験がより良いものとなる。

つば、ワセリン、高度先端技術のシリコンからできているローションなど、どんな種類のものでもよい。しかし、おすすめは少し高くなるものの、高品質の水からできているもの。ワセリンなどオイルやオイルベースの潤滑油は、コンドームのゴムに良くないので、できるだけ避けたほうが良い。だから 潤滑用のローションには水性のもの(アメリカで手に入るAstroglideやKYJelly等のブランド)をおすすめします。ローションつきのコンドームもあるが、アナルセックスにはもっとローションが必要でしょう。


ナンバー3:小さいものから始めよう

はじめからペニスを誰かの肛門に挿入するのには大きすぎて大変。何か小さいものからはじめて、徐々に大きなものを使いましょう。まず指を使ってみるのが良いでしょう。一本、二本、と少しずつ増やしたみて、パートナーがアナルセックスに慣れるように。オーラルセックスをしている間に、少し試してみるのもいいかもしれません。ローションを忘れずに。それから、ゴム手袋を使うのもよいでしょう。

パートナーが指に慣れてきたら、 butt plug (アナル用ディルドのようなもの)やディルドを使うのもおすすめ。ディルドにはさまざまな形やサイズがあるので、いろいろ試してみるのがよいでしょう。パートナーと一緒に買いに行くのも良いことでしょう。そうすると、相手の好みやどれが調度よいのかわかるので。肛門に入れたディルドを膣の中には絶対に入れないように。一番安全な方法は使用前にディルドにコンドームを装着すること。使用後のコンドームは捨て、ディルドは水で洗い流しましょう。


ナンバー4:思考の変換はフェア−プレー

アナルセックスを誰かに頼んだり、どうやって痛みがないようにするかを考えるためには、まず自分で試してみるのが一番の準備でしょう。

もし、パートナーがあなた自身アナルセックスを試しているところを見れば、おそらくアナルセックスに同意する気になるでしょう。彼女にあなたの中に指を入れてみることを勧めたり、 butt plug (アナル用ディルドのようなもの)やディルドを購入し、使うのもおすすめです。あなたが自分から試してみるのを見れば、パートナーも試してみたくなるでしょう。

もちろん、自分で試してみるのはアナルセックスがどんなものか、どうやってパートナーを喜ばすことができるかを知るにもとても良い方法です。どんなに気もちが良いものかを知り、きっと驚くことでしょう。


ナンバー5:

アナルセックスを始める前に、パートナーは腸をしかっりと動かしておくこと.もしそうしなければ、排泄物にあたったり、望んでいないこともおこるかも. 急いで体の中の排他物を取り除きたい場合は、薬局で浣腸を購入するのも良いでしょう。


アナルプラグ

 

 
  Copyright 2006, Anal-Sensei.com.